2020.08.19

Internet Explolerのサポート終了と新しいブラウザについて

Windowsでインターネットを行う際に、Internet Exploler(以下IE)をご利用いただくユーザー様は多いかと思いますが、最新版のIE11について、OSと同様にサポート終了期間があることは、ご存知でしょうか?

基本的には、OSと同じ延長サポート期間でIE11もサポートされますが、2020年8月17日にリリースされた情報によると、2020年11月30日以降に「Microsoft Teams」のウェブ版ではIE11のサポートをやめ、「Micorosoft 365」のその他のアプリとサービスについても、2021年8月17日にIE11のサポートを終了するとのことです。

また、既にEdgeをお使いの場合も、最新版にアップデートしていないと、2021年3月9日以降、新しいセキュリティアップデートが受けられなくなります。

実は、閲覧するサイトよっては、既にIEでの閲覧に対してメッセージが表示されたり、閲覧できなかったり出来なくなっております。例えば、IEでYoutubeやTwitterへアクセスすると、下記の画面が出たりしないでしょうか?

その為、特定のサイトでIEの利用が限定されている場合(電子入札等)を除き、新しいブラウザのご利用をおススメ致します。新しいブラウザには、Microsoft Edge(Windows10標準)やGoogle Chromeの他に、FirefoxやOperaなどがあります。EdgeやChromeに移行した場合でも、IE11からお気に入りなどの情報をインポートすることができます。