2021.02.26

Google、パスワードの漏洩チェックを利用可能に

パソコンやスマートフォンからChromeブラウザを利用している方の中には、インターネットサービスにログインした際に、以下の画像のようなポップアップが表示されたことのある方がいませんか?

どのような場合に、このポップアップは表示されるのでしょうか。

これは、「Password Checkup」機能といい、IDとパスワードの組み合わせが、第三者によるデータ漏えいの影響を受けていないかを自動で調べるChromeの機能です。

必ずしもこのそのサイトで情報が洩れているわけではないそうですが、「現在入力したID、パスワードと全く同じ組み合わせが、過去に別なサイトから漏えいしています。」ということを警告してくれているようです。つまり、今後も同じIDとパスワードをそのサイトや別のサイトでも使い続けると、不正アクセスされる可能性が高くなる、ということです。

この機能は、2019年より「Google Chrome」に導入されていますが、今回新たにAndroidにも適応されるようになりました。「Android 9」以降でパスワードの自動入力サービスを“Google”に設定している場合に利用できます。

※ “Google”をパスワードの自動入力サービスとして使用する方法

1、「設定」アプリを開きます。

2、[システム]-[言語と入力]-[自動入力サービス]へ進みます。

この項目で”Google”に設定しておきます。メーカーによって若干設定場所が違うと思いますので、不明な場合は、各メーカーさんにお問い合わせください。

このポップアップが表示されましたら、早めにパスワードを変更することをお勧めいたします。

ポップアップが表示されていない場合であってもパスワードの使いまわし自体が危険ですので、なるべく行わないようにしておきましょう。

参考URL:https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1308187.html